銀行ベースのキャッシングの金利

金利3層構造と呼ばれる金利キャッシングのカテゴリーである人々は、銀行システムは、第一層に似ています。関心の3種類が存在している、のいずれかに行くキャッシングのほとんど。銀行でのキャッシング製品におけるキャッシュの割合の第一層、前と後5〜12%から金利。銀行の消費者のキャッシュ内の層の目、15〜18パーセントから関心のある2。第3層はなど消費者金融、クレジット、信販会社、である、29.2%と20%以上の金利です。関与キャッシング会社の中で、当社の銀行は、指定された銀行システムですが、消費者金融会社に自分自身を貸すん、消費者信用システムと消費者の経済システムから分離されました。管理自体は他のものよりも金利の低い資金調達にも銀行、行う消費者金融会社を、関係する事実からアクセス可能です。ときに、消費者金融の借り金レート制限法にこだわりながら、あなたが。ここでは年にできなかった新たな層の数があるが、その他の良い、の利便性もあり、銀行、消費者のキャッシングの利用者が増加していない、我々は両方の貸付残高および保証残高を展開します。利息制限法の上限率の下では、金融会社は、金利水準を超えていない融資をすることになっています。利息制限法、元本の場合10万円未満、元本10万円以上100円、最大金利未満の場合には年間18%で年率20%、例えば15%に対し年間の主要百万円の引当金よりも多くの場合には、これを超える金利の一部は、あなたが無効でなければならないということです。年間固定金利制限法の率と犯罪者傷害金はまた、目的の以下の倍数と判断されている、キャッシュの使用時に礼金や手数料収入を含めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA