二重まぶた埋没法のメリット

切開法は、片方のまぶたを2倍にするためによく使用されてきました。まぶたから脂肪を切り取って取り除くことで、はっきりとした線を作ることができます。埋葬法により、術後の治癒を短期間で回復させることができます。また、切開部が1mm程度しかないため、傷跡が目立たない短期間の手術です。短い昼休みの間に手術を受けることは可能であり、場合によっては数分しかかかりません。皮膚と筋肉のごく一部が糸でつながっているため、最近は二重まぶた埋設法で皮膚に糸が埋もれており、外からは糸の存在が見えません。二重まぶたの埋葬手術が行われる粘膜領域は、血管が多いデリケートな領域です。したがって、目の負担を避けるために、最新の埋葬方法では、筋肉と皮膚のごく一部だけに糸を通します。糸がまぶたや筋肉を通過するので、眼球の損傷などのトラブルを避けることができます。個人差はありますが、手術の翌日から通学や普通の仕事ができます。手術の翌日から、メイクや洗顔などお肌のお手入れやアイメイクができ、手術後は病院に行く必要がありません。二重まぶた埋設方式では、知人や身近な人に気づかれることなく、スケジュールを少し調整するだけで手術ができます。見た目が良くない場合でも、二重まぶたの埋葬方法では、糸を抜くだけで元に戻すことができます。少し膨らむかもしれませんが、すぐに目立たなくなります。思い通りに見えない場合は、引き出して元の位置に戻し、もう一度インプラント手術を行うことができます。ノアルフレ