甜茶を飲んで花粉症対策

中国のスウィートティーは、葉から作られたスウィートティーの総称で、植物学的にはお茶とは異なりますが、古くから薬草として人気があります。中国では、幸せを願って、旧正月になると甘いお茶を飲むと言われています。甘いお茶に含まれる天陽拳口はアレルギーを抑える効果があると言われています。喘息、アレルギー性鼻炎、干し草熱に効果があります。アレルゲンと呼ばれる抗原があると、干し草熱が発生します。花粉などの抗原が体内に入ると、抗体と呼ばれる免疫物質に結合して悪影響を抑えます。これにより、ヒスタミンなどの化学物質が生成され、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が発生します。スウィートティーが花粉症に良いと言われているのは、ラズベリーティーが含まれているからです。ラズベリーティーに含まれるポリフェノールは、粘膜の炎症を抑える能力があります。ヒスタミンの放出を抑制する抗ヒスタミン作用があることも知られています。このようにヒスタミンを抑制できるスウィートティーは、花粉症の対策として有効であると期待されています。甘いお茶の良いところは、副作用がないので、花粉症の対策として安全です。フワリーモの効果