破産や住宅ローン

住宅ローンは、破産は無関係ではありません。これは、生活の中で最大のショッピングの住宅といえばだろう。家を買うことは大きな夢です。あまり熱心に収集していた人、家を買うためにお金は一切あり、私は購入時の小遣いの全額を支払うことができない多くの人々を信じていません。自己資金だけではなく、家の価格を払って、ほとんどの人々の金融機関は、あなたが住宅のためにしなければならないローンを利用します。あなたが銀行から融資を受ける場合は、融資額は、それがどうなる資金調達のすべての小さな融資額のカードローンの審査と呼ばれる融資まで、大量買付住宅ローンです。与えられた自己清算の履歴が記録に残っていた場合は、希望ほぼ確実に不可能テストに合格。そして、融資が受信されないことが調査を通過します。彼らは住宅購入のためのローンセットする場合でも、撮影以来、10年には、自己破産は10年残っていた、私たちは静かにされている必要があります。キャッシング会社が意志と返済する能力を持つ者を識別するために融資をしようと。返さない人に貸すためにお金ではありません。金融会社が返済を保証するために、米国など、顧客を獲得するためには、過去に未返済に陥っている人は鬼門です。倒産の時に家を所有している場合ならば、それは回復に専念するために処分しなければなりません。場合でも自己破産住宅ローンの返済、それが行くように適応されます。オークションでお金が正常である後に、それは融資だった他の当事者に配布されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA